ホームお店レイブイギリス

 

 

 

 

 
































HARDCOREがロンドンに帰って来た!

BILLY BUNTERのおかげか?KEVINの活躍のおかげか?ロンドンにハードコアが帰ってきた!そんな一夜だった。

スラミン系では、TRANZ- MISSION以来のロンドンでのハーコーパーティー。 もちろん小さいパーティーはあるけど、ハードハウス中心で小さいフロアでハードコアだったり、KEVIN系のFREEFORMATIONだったりする。
コテコテのハードコアで、BIG NAME のパーティーは、私がいた一年では初めて。それに加えて2ヶ月ぶりのレイヴだった。

<入場 >
会場は家からバスで10分のカムデンから徒歩5分KOKO!久々のレイヴァスタイルに身を包み、汗でドロドロにならない程度の化粧をして、さてっ出発。。。最近、体の調子がよくない事に気付かされたのは、30分待ちの長い列にて。そぅ私、食後30分後にお腹が痛くなるんです(昼もだった)。前の日はバスを途中下車して、4件の店にこんな恥ずかしい質問をした私 →「 COULD I USE THE TOILET ? PLEASE〜 !!! 」4度目でやっとボロいクリーニング屋さんで借りる事ができた。そのトイレ、超汚くて、水着のエロイお姉ちゃんの写真が貼ってある、いかにも海外!って感じで、良い経験(余談)。w 長ーい列を待ってる間、トイに行く、想像しか出来ない私。クロークに荷物を預けるより先に、トイレにダッシュしたら、またそこもまた列。。。

< 余談は置いて フロアへ >
お初KOKO。私としては、すごくいい箱。MC STORMが走り回れる程の大きなステージと、そこから広がるフロア、2、3階席とそれを包み込むような造りで、見渡す限り踊ってる人でいっぱい。私としては「この包み込む」がすごくキーワード!この包み込む感じがあるだけで「気が漏れない」小さなお立ち台が両サイドにあるだけで、その効果は得られると思うけど、フロアで「踊らなきゃ!」っていう、GOOD VIBESを感じるわけです。 そんなウザイ話しも汚い話しも置いといて、10:30〜6:00まで座ったのはたった5分。踊って、踊って、踊り続けれたのも、フロアの中心は冷房管理がきっちりされていて、すごく快適なレイヴと久々の超UNITYレイヴァ達だった。しかし、喧嘩があって音が止まった話しはまた後で、、、

< 10:30〜11:00 TECHNIKAL >
9:00〜のMARK EGは残念ながら聞けず、赤いシャツの若いお兄さんっ、COMPYかと思った。

< 11:00〜12:00 KEVIN ENERGY & SHARKEY >
EE! 当たり前だけど。

<12:00〜1:00 SY & MC STORM>
最近、あまりSYで興奮しなくなったのは、贅沢病? この時間はKEVIN率いるFREEFORMATIONのセカンドフロアへ。

<1:00〜1:30 MARK SMITH & MC CASPER>
メインフロアもある程度余裕が出来、踊りやすい環境へ。最近よく登場するMC CASPERナカナカいいMCです。見た目はSUPREMEやRECON系の、ハードコアの王道!w

< 1:30〜2:00 V.A.G.A.B.O.N.D LIVE PA FEATURING TESS AND MC'S WOTTSEE & CASPER >
可愛い歌姫登場!歌はスゴくうまいんだけど、声が低くて通りが悪い。。。と思っていたら「 POISON 」歌っちゃった。スゲーこの人だったのね。

< 2:00〜 3:00 SEDUCTION & MC WHIZZKID >
「ウイィー、ジジジィ」。。。文字では表現できないけど、ダースベーダーの声で始まったWHIZZKIDのMC。かっこいい!っと興奮しているそんな時「喧嘩勃発!」音を止め「何やってるんだよ、ハードコアの精神は、、、、L O V E , P E A C E a n d U N I T Y だ!!!」あっ言っちゃった。 それから私は笑い止まらず、あまりに決まったそのフレーズと脳みそに叩き込まれたかのような L- P- U- の文字。みんな真剣なのに、私だけニヤニヤ。さすが、WHIZZKID、今年のHARDCORE AWARD 2007、MC部門一位獲得間違い無しです。

< 3:00〜 4:00 BILLY 'DANIEL' BUNTER & KATUKI >
BBC RADIOのKATUKI君。とにかく擦って擦って擦り倒し、曲名知らないけどテレビなどでもよく聴くハードハウスのあの名曲でガッチリ掴んで、最後は YOU ARE MY PHANTASY 。言う事なし。

<4:00〜 5:00 DARREN STYLES & WHIZZKID >
このコンビは私のベスト!STYLESの時はいつも一番前で陣取るのが私のお決まり。踊るより、見る、観る、視る。STYLESカッコイイぃー。 DJ側のスピーカーの調子が悪く、耳栓を付けたり外したりしながらも、それ程名曲ぞろいじゃないイイDJだった。もちろんSAVE ME とI NEED YOU とI WILL BEはお決まりだけどね♪ I NEED YOU がかかったその時、私が見つめ過ぎなせいか? それとも私にじゃなくて私の方になのか?STYLESから「 すごい投げ KISS 」が飛んで来た。思わず3歩後ろにたじろきそうになりながらも、一番前は確保確保。WHIZZKIDMANも手握ってくれたり、踊るポーズをしてくれたりと、ファンサービスには手を抜きません!隣にいた女の子も「もぅ、手洗えないね!」なんて。。。超可愛いぃ。

<5:00〜 6:00 & DOUGAL 、HIXXY & MC STORM>
10:30から踊り続けた長くて短いこの夜は、この大御所3人で終わろうとしていた。そして私の横には大好きなハーコーレイヴァお兄さんとお姉さん。どこに行っても逢い、同じ匂いがし、同じように感じる事が出来る。そんな二人の横で踊るのは、よいDJよいMCよりよい効果を得るまたそれがRAVEだ! そして、いつものようにエネルギッシュなMC STORMのMCとOUT OF SPACE→GETTING BETTERで音が止み、電気が付き。今日のこの日と、1年という期限付きのUKレイヴ生活が終わってしまうという寂しさでいっぱいだった。 そんな時、いつものお兄さんが話しかけてくれた。
「 Alright ?楽しかった?」「うん。でも私、日本に帰るの。」「えっ、帰ってしまうの。。。君とは本当に良い時間を一緒に過ごしたよ。」「うん。でも帰って来るかも。 w」「そうだね。絶対帰ってくるよ。」っと、切なくなりながらも、ハーコーレイヴァとして過ごしたこのイギリス生活一周年と、記念すべきハーコー人生10周年を無事、迎える事が出来たのでした。


幸せ = HAPPY

- 日 時 -
2006.09.09 Sat.

- 場 所 -
@ KOKO
LONDON
UK

- DJs -
Sy
DarrenStyles
V.A.G.A.B.O.N.D Live PA Featuring TESS

Mark EG
Hixxy
Marc Smith
Dougal
Billy Bunter_b2b_
Kutski
Kevin Energy
_b2b_Sharkey
Seduction
DJ Flyin'
Technikal


- MCs -
Storm
Whizzkid
Wottsee
Caspa

- ARENA TWO -
FreeFormation

PartyReport:10
text by yumi08

お問い合わせ
info@futurefree08.com
 
[ topに戻る ]